NIKEiD BESPOKEセッションに竹内譲次選手が来場!

1週間にわたって行われたNIKEiD BESPOKEセッション最後のお客様は、バスケットボール日本代表の竹内譲次選手。
普段バスケットボールシューズを履くことが多い竹内選手ですが、一体どんなNIKE AIR FORCE 1 LOW BESPOKE iDをデザインしたのか、ご紹介します。


テーブルに広げられた数十種類の素材の中から何を使うか選ぶ竹内譲次選手。


素材を実際にAIR FORCE 1のサンプルにあてがい、レイアウトイメージを構築中。
選んだのはクロコダイルレザーでした。


真剣な表情で素材の配置をイメージする竹内選手。


こちらが竹内選手デザインのNIKE AIR FORCE 1 LOW BESPOKE iD。
クロコダイルレザーをふんだんに使用した高級感のある1足に出来上がりました。


セッションの最後には、カスタマイズしたデザインが書き込まれたオーダーシートと、使用した素材のキーリング、そしデュブレを差し上げています。竹内選手、満足げな表情ですね。

___________

【インタビュー内容】
Q、セッショを終えて、率直な感想を聞かせてください。
A、今までにも何足かiDは作ったことあるんですけど、いつもは家で一人で作業するじゃないですか。それが今回はデザイナーさんと一緒に作れたということで、いつも以上に完成が楽しみですね。

Q、NIKEiDはよく作成されますか?
A、はい、何度か。ただカジュアル用じゃなくて、練習やゲームで履く用のバスケットシューズばかりですけどね。最近はNIKE ZOOM KD V iDを自分のチームのユニフォームカラーに合わせて2足オーダーしたばかりなんです。それが届くのも楽しみなんですよね(笑)。

Q、今回のNIKE AIR FORCE 1 BESPOKE iDは普段履き用かと思いますが、デザインする上でゲーム用との違いはありますか?
A、んー・・基本的には一緒ですよね。バスケ用ならユニフォームに合わせたカラーで作りますし、今回のNIKE AIR FORCE 1 BESPOKE iDは私服に合わせて作りました。普段黒っぽい服が多いので、黒ベースで。

Q、どんなデザインにするのか、予め決めていましたか?
A、僕の中では、AIR FORCE 1って普段履きのシューズっていうイメージだったので、今回は逆に、すごくドレッシーで高級感があるモノを作りたい、っていうのだけは漠然とありました。で、実際にプライベートルームの中に入って生地を見せてもらったら、クロコダイルの型押しが目についたので、『コレだ!』って。そこから他の部分を決めていった感じです。

Q、特にこだわった点はありますか?
A、やっぱり普段ゲームで使うバスケットボールシューズとは違うので、ちょっと遊び心を入れるように意識しましたね。なので、インソールに若冲柄を選んでいます。タンとヒールのスウッシュは、若冲柄と同系色のピンク。チラっと見えた時にオシャレなんじゃないかと思って(笑)。

Q、デザインコンサルタントとのセッションはいかがでしたか?
A、見た目がイカツイので、初めはちょっと構えてたんですけど(笑)、すごく親身にアドバイスをくれたので、リラックスして作れました。何か聞いても、『決めるのはキミだけど、ボクの意見はこうだよ』っていうスタンスで話してくれたので、非常にやりやすかったですね。

Q、これからNIKE iDを作る人に向けて、何かアドバイスをお願いします。
A、思いっきり自分を表現して、個性的に作って欲しいですね。やっぱり世界に1足だけのモノなんで、悔いなくオリジナリティを発揮したほうが良いと思いますよ。
___________

竹内 譲次
1985年1月29日生まれ、27歳。A型、大阪府出身。
日立サンロッカーズ所属。ポジションはSF/PF。
高校時代から脚光を浴び、名実ともに日本を代表するプロバスケットボールプレイヤー。

AIR FORCE 1 PREMIUM iDはオンラインでもスタジオでもカスタマイズが可能です。
サイトはこちら:http://bit.ly/SOznZ9
サンプルをご覧になりたい方はスタジオまで!